電力・ガス小売り全面自由化に伴い、九州電力は電気設備のトラブルなどに対応する新サービス「でんきサポート」を始めた。契約者を対象に全九州電気工事業協会と連携して工事業者を紹介、ブレーカーの修理などに迅速に対応する。

 これまでは契約者自らが電気工事店に依頼していた。新サービスでは、九州電力のコールセンターが24時間態勢で相談を受け付け、最寄りの電気工事店を紹介する。

 県内では、県電気工事業工業組合が運営する保守センター5カ所がブレーカーの漏電、コンセントや照明器具の修理などに対応する。工事費や材料費などは有料。

このエントリーをはてなブックマークに追加