テレビを同じ姿勢で長時間見ると、静脈血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡するリスクが増加することを、大阪大のチームが約8万6千人のデータ解析で解明し米医学誌電子版に27日発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加