江戸前といわれるウナギの蒲(かば)焼きではあるが、室町時代に山城国宇治(今の京都府南部)でウナギをあぶって食べたのが始まりとされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加