日本サッカー協会は12日、千葉県内での合宿(17、18日)に参加するU-20(20歳以下)日本代表候補15人を発表し、鳥栖からは8日の新潟戦でJ初ゴールを挙げたFW田川亨介(18)が選ばれた。18日にはJ2千葉と練習試合を行う。

 このほか、小川(磐田)神谷(湘南)らが選ばれた。所属クラブで実戦機会の多い15歳の久保(FC東京ユース)や、中山(柏)三好(川崎)らの招集は見送られた。

 田川はクラブを通じ、「しっかりアピールして自分の持っている力を全て出し切りたい」とコメントした。日本が5大会ぶりに出場するU-20ワールドカップ(W杯)は5月17日に韓国で開幕する。本大会の代表メンバーは5月初旬に発表の見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加