代表者会議では、8月に開かれる大麻旗争奪剣道大会の日程などを確認した=佐賀市の佐賀新聞社

 第39回大麻旗争奪剣道大会(県剣道連盟、佐賀新聞社主催)の代表者会議が12日、佐賀新聞社であり、中学生大会を8月11日、小学生大会を12日、高校生大会を13、14日の両日、いずれも佐賀市の県総合体育館で開くことを決めた。

 大麻旗は例年、8月下旬に開催しているが、今年は全国中学校体育大会の剣道とバドミントンがこの時期に行われるため、開催時期を早めた。

 会議では、大会要項や参加申し込み方法、今後のスケジュールなどを確認。県剣道連盟の村山良秀事務局長や佐賀新聞社の名古屋竜磨営業局事業部次長らが出席した。

 大会は青少年の健全育成を目的に、少年剣道の普及に尽力した故大麻勇次範士十段の遺志を継承して毎年開催している。問い合わせは佐賀新聞プランニング、電話0952(28)2151。

このエントリーをはてなブックマークに追加