全国高校総合体育大会「2016 情熱疾走 中国総体」総合開会式で旗手の野中廉也選手を先頭に入場行進する佐賀県選手団=岡山市のジップアリーナ岡山

 高校スポーツ最大の祭典、全国高校総合体育大会「2016 情熱疾走 中国総体」は28日、岡山市のジップアリーナ岡山で総合開会式があった。

 47都道府県の選手団が北海道から順に入場行進。佐賀県勢は旗手の野中廉也選手(龍谷・陸上男子走り高跳び)を先頭に、選手や役員ら18人が力強く行進した。

 大会は岡山、鳥取、島根、広島、山口の中国5県と和歌山県(ヨット競技のみ)を舞台に、29日から本格的に競技がスタート。8月20日までの期間中、佐賀県勢は30競技32種目に約500人が出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加