オスプレイのデモ飛行で米側との調整が難航していることを明らかにした川嶋九州防衛局長=柳川市議会

 佐賀空港へのオスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局の川嶋貴樹局長は28日、米海兵隊オスプレイを使ったデモ飛行の調整が難航していることを明らかにした。柳川市議会全員協議会で説明した。

 市議から、実際の騒音を知るためオスプレイによるデモ飛行を求める意見が出た。川嶋局長は「佐賀県からも要望が出ている」と前置きし、「自衛隊はオスプレイを所有していないため、米軍との調整になる。米軍もさまざまな作戦でオスプレイを運用しており、調整がなかなか難しい」と答えた。既に米側に依頼していることも明かし、実施に向け調整を続けることを強調した。

 柳川市は地元説明会を九州防衛局に求めており、川嶋局長は市側と調整しながら説明会を開く考えを示した。また自衛隊機は衛星利用測位システム(GPS)を利用した航法「RNAV(アールナブ、広域航法)」に対応していないことも明らかにした。

 協議会後、報道陣の取材に応じた川嶋局長は「デモフライトは防衛省から米側に申し入れている。しかし、米軍も運用しているので日本のためにデモフライトするタイミングが取れない状況のようだ」と説明した。

 説明会については「(29日の)川副町だけでなく、柳川市もそうだが、来ても構わないと言われれば地元漁協にもぜひ説明に行きたい」と述べた。

=オスプレイ 配備の先に=

このエントリーをはてなブックマークに追加