いまりんモーモちゃんから交通安全の「おやくそく」を受け取る新入学児童=伊万里市の山代東小

桜の木の下、ランドセルを背負い笑顔を見せる新1年生=佐賀市の赤松小

配布された教科書を興味深そうにめくる新入生=小城市の三里小

交通安全を祈願する黄色いワッペンを付けてもらう新入生=佐賀市の思斉館

 県内の公立小学校165校で12日までに入学式が行われた。小さな背中に真新しいランドセルを背負った新1年生が保護者や友だちと手をつなぎ、散り始めた桜の下を登校した。式後の教室では先生から教科書を受け取り、これから始まる学校生活に期待を膨らませた。

 ○…伊万里市の山代東小(木寺仁史校長)では、同市のキャラクター「いまりんモーモちゃん」が新入学児童をお出迎え。伊万里署の警察官や地元ボランティアと一緒に「どうろへとびだしません」「しんごうをまもります」「おうだんほどうをわたります」の三つの約束を交わした。

 式では、木寺校長が「元気なあいさつ、元気な返事をしましょう」と呼び掛けた。サガン鳥栖のマスコットキャラクター「ウィントス」の黄色いランドセルカバーや防犯ブザーなどが贈られた。

 ○…登下校中の子どもたちの安全を願い、県内に支社や支店を置く保険・金融機関4社が県内の新小学1年生全員に黄色いワッペンを贈った。佐賀市の小中一貫校思斉館で12日にあった入学式で新入生に贈呈し交通安全を呼び掛けた。

 贈呈式で明治安田生命保険、第一生命保険、損害保険ジャパン日本興亜、みずほ銀行の支社・支店長が、児童代表4人の左肩にワッペンを付けた。明治安田生命の碓井順支社長が「事故に遭わないよう元気に登校し、一生懸命勉強してね」と語り掛けると、児童は「ありがとうございます」と元気よくお礼した。

 ワッペンの贈呈は1965年に始まり今年で53回目。登下校中の重大な交通事故を対象に傷害保険が付いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加