協定書に調印し、握手を交わす小城市の江里口秀次市長(左)と佐賀女子短大の南里悦史学長=佐賀市の同短大

 小城市と佐賀女子短期大学(佐賀市)は4日、人材育成やまちづくりなどに関する包括連携協定を結んだ。短大生が実践的な学びを深め、まちづくりにも携わることで地域の活力創出を目指す。

 教育・福祉・文化や地域産業の振興や発展、情報化やグローバル化に向けた取り組みなどでも連携する。具体的には、短大が小城市内で講義を実施したり、小城市の栄養士が学生の食生活を指導している従来の活動を発展させていく。

 短大で行われた調印式では、江里口秀次市長が「地域が教育の現場になることで、学生からまちづくりについて示唆を与えてほしい」とあいさつ。南里悦史学長は「小城市の持つ文化の魅力を連携に生かしたい」と期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加