自転車が施錠されているかを調査する署員ら=佐賀市の鍋島中学校(提供画像)

■管内の中高抜き打ち調査

 学生に自転車施錠の意識を高めてもらおうと、佐賀北署は管内にある中学校と高校の駐輪場で自転車に鍵を掛けているかを調査。施錠率が高かった中学校4校と高校2校を優秀校として表彰した。

 管内の公立と私立の中学9校、高校6校を対象に、署員が6月末、駐輪場に止めてある自転車が施錠しているか抜き打ちで調査した。

 各部門で施錠率が最も高かった北陵高校と成頴中には、両校の終業式だった7月19日と20日、同署の原恭二署長から賞状と盾が手渡された。成頴中では97%の自転車が施錠され、北陵高校は409台の自転車のうち、無施錠はなかった。

 同署によると、6月末までの半年の間に、管内では約100件の自転車盗が発生し、その約8割が無施錠だったという。同署の〓原恭子生活安全課長は「各学校で現状を確認して、学校外でも鍵を掛けるように意識してほしい」と呼び掛けた。

〓は森の木が十、下に木

このエントリーをはてなブックマークに追加