佐賀市の県道51号線沿いにあるカエルの看板が目印のカフェボンバー。猛暑が続く中、人気を集めているのが、土日限定の「クリーム宇治金時」(690円)だ。

 抹茶の粉などで作った特製シロップと練乳、さらに白玉団子にバニラアイス、あずき…。直径20センチの器で一見ボリュームはあるが、程よい苦みと甘さが絶妙に絡み合い、氷の口溶けの良さも相まって、ぺろりと食べる客が多いとか。

 ライギョ専門の釣り具用品店を併設する形で、小柳久基さん(42)と恭子さん(42)夫妻が2003年にオープン。久基さんが釣具店、恭子さんがカフェを切り盛りしている。

 恭子さんは故郷・山口県の有名なかき氷店で学んだ後、何度も試作を重ね、思い描く味にたどり着いた。当初はランチメニューも用意していたが、現在は育児などもあり、かき氷とコーヒーを週末に提供している。

 「お客さんからの『おいしい』の一言が何よりうれしい」と恭子さん。釣り具を目当てに全国から訪れる客を、木目が美しく、落ち着いた店内でもてなす。

 

店名  カフェボンバー
住所  佐賀市兵庫町若宮6-2
営業時間  11~20時
定休日  カフェは土日のみ。釣り具店は火曜定休
電話  0952(27)8695

 

このエントリーをはてなブックマークに追加