感謝状を受け取った中川真実さん(右)と夫の中川雅文巡査部長=佐賀市の佐賀県警本部

 佐賀県警は9日、神埼警察署脊振駐在所の中川真実さん(44)に感謝状を贈った。地域警察官の妻として、夫の不在時に駐在所業務の代役を務めるなど10年間にわたり地域警察官の活動に貢献した。

 駐在所警察官の妻は、パトロールなどで夫が不在の時、来訪者の道案内や電話対応に応じることがある。架空請求詐欺を疑わせるはがきを持った高齢女性が相談に訪れたことや、交通事故のトラブルで20分ほど電話対応したこともあったという。

 感謝状を贈られた中川さんは「不安もあったが、駐在所は何かあれば助け合える地域のつながりがある。経験できない体験ができている」と語った。

 感謝状の贈呈は1989年から始め、10年表彰で123人、20年表彰で32人に贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加