初登庁し記者会見する三反園訓氏=28日午前、鹿児島県庁

 10日投開票の鹿児島県知事選で初当選した元テレビ朝日コメンテーターの三反園(みたぞの)訓(さとし)氏(58)が28日、初登庁した。三反園氏は就任記者会見で、8月下旬から9月上旬の間に九州電力に対し、再稼働している川内原発(同県薩摩川内市)の一時停止を要請する考えを示した。「熊本地震を受けて原発に不安がある。いったん止めて再点検・再検証をやるべきだ」と述べた。

 川内原発1号機は10月6日に定期検査に入る予定で、三反園氏は定検による運転停止を待たずに要請することになる。知事に原発を止める法的権限はないが、鹿児島県が九電と結ぶ安全協定では、県が原発に立ち入り調査し、必要な措置を求めることができる。この点を踏まえて九電と交渉に当たる可能性もある。

 三反園氏は記者会見で「申し入れと権限とは別問題だ」とし、権限に関係なく一時停止を要請する考えを示した。今後、関係部局と調整し、具体的な手順や日程を調整する。一方、九電は「話があれば地震後の安全確認を丁寧に説明したい」(幹部)としている。

 この日の登庁時、三反園氏は待ち受けた職員に笑顔で手を上げ、花束を受け取った。その後、就任式に臨み、職員らを前に「閉塞(へいそく)感を打破し自信あふれる新しい鹿児島をつくりましょう」と語りかけ、選挙期間中の合言葉にしていた「チェンジ」を連呼した。知事選で三反園氏は一部保守層や反原発団体の支援を取り付け、川内原発の再稼働を容認し4期目を目指した伊藤祐一郎氏(68)に8万票以上の差をつけて当選した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加