辻恵理選手

 第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は17~19日、13チームが全33区間250.7キロで競う。大会を前に各チームの戦力と期待の選手を紹介する。

 長距離区間を任せていた大学生ら4人を就職や転勤で欠くことになり、チーム事情は厳しい。ただ、成長著しい女子や中高生の活躍が期待できる。1桁台を死守し、一つでも順位を上げる。

 長距離区間は立命館大の土井を軸に杉光、野中、山口真らのベテランで組み立てる。「誰もがこれまでよりハードルが高い区間を担うことになる。チャレンジ精神で力を出してほしい」と山口監督。

 女子は辻と笠原に期待がかかる。辻はこの1年で3000メートルのベストを1分以上縮め、全国高校駅伝にも出場した。県中学駅伝で優勝した武雄中の主軸だった笠原は、本格的に陸上を始めたばかりで伸び盛りだ。

 男子の中高生は、昨秋の九州高校新人陸上の800メートルで1位と2位に入った古川と久保のスピードを生かす走りに期待。中学男子陣はここ数カ月の間、自己ベストの更新を続けている。

 昨年12月中旬から練習は毎日になり、休日にはロードもこなす。月1回の中学生記録会も続き、若手育成も成果をあげている。

■まかせたぞ! 辻 恵理(16) 区間賞の走りを

 3000メートルのベストは10分9秒で、この1年で1分以上縮めた。「高校に入って練習量が格段に増えた」という。

 小学4年で陸上を始め、中学で長距離に専念。1年時から武雄市のメンバーとなり過去2回、出走している。「伸び悩んでいたが素質は誰もが認めていた。上背が生きる大きな走りができるようになった」と山口監督。「最初から突っ込んでいくタイプなので最後の粘りが鍵」と自らの走りを分析。「区間賞を取りチームに貢献したい」と意気込む。

・監 督

山口 和子 41 ケーブルワン   朝日町  16

・コーチ

橋口  守 52 DUEL     東川登町 24

福田 正宏 44 佐賀県教育庁   朝日町  29

久保 忠史 41 武雄市役所    武雄町   4

・コーチ、選手

馬渡 和樹 37 武雄市役所    武雄町  20

・選 手

古賀 勝弘 42 杵藤地区消防本部 武雄町  23

野中  譲 37 ヤマト運輸嬉野センター

                  橘町   21

杉光 俊信 34 SUMCO伊万里 武雄町  15

木寺 光昭 33 金型メンテナンスサービス

                  武雄町  16

山口 真彦 32 自営業      朝日町  11

石永  慎 32 武雄市役所    武雄町  10

山口 晃義 31 井手口鉄筋    東川登町 12

宮崎 貴士 30 杵藤地区消防本部 嬉野町   初

樋渡 浩貴 25 SUMCO伊万里 山内町  11

小川 大作 27 コカ・コーラウエストベンディング

                  西川登町  4

田栗  亮 22 佐賀鉄工所    西川登町  初

山口 滉太 23 広島大      朝日町   5

土井 政人 22 立命館大     北方町   8

松尾 大樹 20 九州共立大    北九州市  4

上田 一貴 18 白石高      山内町   5

古川 凌雅 17 伊万里高     武内町   初

福田 雅登 17 佐賀工高     東川登町  2

古瀬 貴将 17 武雄高      東川登町  3

久保 亮太 15 白石高      若木町   3

古瀬 太雅 15 川登中      東川登町  2

手島 蓮太 15 武雄中      武雄町   初

上田 翔斗 15 山内中      山内町   初

田邉 諒多 15 武雄中      武雄町   初

井手 水紀 20 西九州大     山内町   9

池田美弥子 16 有田工高     武内町   3

辻  恵理 16 清和高      朝日町   4

笠原 奈月 15 武雄中      武雄町   初

上原 詩音 14 武雄中      朝日町   初

(メンバー表は左から氏名、年齢、勤務先・学校、住所、出場回数)

このエントリーをはてなブックマークに追加