玄海原発の再稼働に関して、佐賀県に13項目の要望をした市民団体のメンバー(左の列)=佐賀県庁

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働について、市民団体「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)は10日、安全対策や避難計画などに関する13項目の要望書を佐賀県に提出した。山口祥義知事が福島第1原発事故の被災地を訪問することなどを求めた。

 要望書では、再稼働に関して過酷事故が発生することを心配していると強調した。その上で、九電にメルトダウンしない安全対策を強く要求することや、住民説明会の全市町での開催、避難計画を第三者的な視点で検証する専門家委員会の設置なども盛り込んだ。

 県の担当者は山口知事に報告した上で、できるだけ早く文書で回答すると伝えた。豊島代表は「水蒸気爆発を起こすようなメルトダウンだけは絶対に許されない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加