■気遣い細やか 共感広げ 実りの秋、七島農産(小城市三日月町)は毎年最も忙しい時期を迎える。専務の七島和美さん(47)は、倉庫にうずたかく積み上げられた米袋の一つ一つを検査する作業に追われる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加