佐賀市のバルーンクラブパパラギ(江頭和恵会長)のメンバー8人が17と18の両日、宮城県仙台市に出張し、東日本大震災後、佐賀発の支援と被災者をつないでいる関係者らに係留飛行をプレゼントした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加