鳥栖-清水 前半6分、先制点を決める鳥栖MF福田=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

■福田、右足一閃今季2点目

 チームの汗かき役MF福田が貴重な先制点で勝利に貢献した。持ち味の守備だけでなく、攻撃でも覚醒しつつある25歳は「自分にとって一番気持ちいいのは走って、相手からボールを奪うこと。ゴールはおまけ」と頼もしい笑みを見せた。

 前半6分、左サイドで得たFKをMF原川がDF吉田に短くつなぎ、中央でフリーになった福田がためらうことなく右足を一閃(いっせん)。ボールはゴール左に突き刺さった。「相手が寄せてこなかったのでインパクトだけ意識した」と今季2得点目を振り返った。

 妻でタレントの大戸千絵さんが先日、妊娠6カ月であることを公表。ゴール後はスタンドの愛妻に大きく手を振った。

 「中断期間に最も走ったのは自分たち。難しい相手が続くが、走り勝てば連勝を伸ばせる」とアウェー連戦を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加