明治安田生命J1リーグ第20節は5日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで9試合があり、サガン鳥栖は清水エスパルスに2-1で競り勝った。今季初の連勝で通算成績は8勝6分け6敗(勝ち点30)。順位は10位から今季最高の9位に浮上した。

 C大阪は札幌に3-1で快勝し、勝ち点を44に伸ばして首位を守った。2位の鹿島も仙台を2-0で退け同43とした。柏は神戸に3-1で勝ち、勝ち点38で3位に浮上した。堀新監督初戦の浦和は大宮と引き分けた。

 第21節は9日にあり、鳥栖は午後7時から千葉県柏市の日立柏サッカー場で柏レイソルと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加