親が育てられない子どもを受け入れる「赤ちゃんポスト」の関西設置を目指すNPO法人「こうのとりのゆりかご in 関西」は9日、大阪市内で理事会を開き、神戸市の助産院に開設する方針を決めた。

 設置と運営を予定しているのは神戸市の「マナ助産院」。実現すれば、2007年に開設した熊本市の慈恵病院に次いで全国2例目、助産院としては初めてとなる。

 神戸市によると、預けられた子どもを病院に搬送するかどうかの判断などは医療行為に当たるため、助産師が行うと医師法に抵触する。助産院を医療行為ができる施設に変える場合は、市に届け出る必要がある。

 理事会後に記者会見したNPO法人理事長の人見滋樹京都大名誉教授は「この助産院からこれまで2千人が生まれており、特別な資格をもつ助産師もいる」と説明。「嘱託医師と契約し、今年中の開設を目標にしている。今後は関西でいくつもつくりたい」と話した。

 理事会では運営資金を集めるため「関西ゆりかご基金」の設立を決定。マナ助産院の敷地内に相談事業を専門とする「マタニティーホーム・マナ」を9月に開く構想案も示した。

 マナ助産院の永原郁子院長は「子どもを託したお母さんも、託された赤ちゃんも幸せと思えるコーディネートをする」と意気込む。

 NPO法人は医療関係者らが昨年9月に設立。慈恵病院の蓮田太二理事長が顧問を務めている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加