【イスタンブール共同】トルコ政府は27日、クーデター未遂事件後の非常事態宣言に基づく政令を出し、通信社やテレビ、新聞など約130社のメディアを閉鎖すると発表した。アナトリア通信などが伝えた。政府が事件の黒幕と一方的に断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師の組織と関係があるためとしている。

 ただ師と関係がないとみられる新聞も一部含まれている。事件後の「反乱」勢力に対する大規模粛清の中、メディア弾圧の姿勢を強めるエルドアン体制への欧米などの懸念が一層強まりそうだ。

 閉鎖が発表されたのは、通信社3社、テレビ16局、ラジオ23局、新聞45社、出版社29社、雑誌15社。現地報道によると、以前ギュレン師の影響下にあり、3月以降、政府の管理下に置かれた有力紙ザマンも含まれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加