民進党は28日の執行役員会で、岡田克也代表の任期満了に伴う代表選の日程を9月2日告示、15日投開票とする方針を決めた。党員、サポーター登録など事務作業が遅れ、当初検討していた同月7日投開票では間に合わないと判断した。一方、代表選への態度を示していない岡田氏は27日に野田佳彦前首相と会談。代表選をにらんだ動きが本格化してきた。

 これを受け、秋の臨時国会を9月下旬に召集する案が与党に浮上した。ただ、政府内に9月中旬の召集を求める意見があり、調整が必要となりそうだ。

 代表選は3月の党発足後初めて。投開票作業は臨時党大会の中で実施される。日程は8月初旬の両院議員総会で正式決定する。執行役員会では、野党共闘が注目された参院選の総括を8月中旬までにまとめる予定も確認した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加