IT企業で働く女性の過ごし方などを紹介したセミナー=佐賀市のマイクロソフトイノベーションセンター佐賀

 企業の人手不足が深刻化する中、子育てのため離職した女性たちの働く機会を創出しようと、自宅でも仕事ができるIT企業の働き方を紹介するセミナーが、佐賀市で開かれた。

 県立男女共同参画センターと、IT分野に特化した人材派遣などを手掛けるパソナテック(東京都)、ウェブ上の検索ワードを分析し、企業広告を企画するファベルカンパニー(同)が共催。東京の2社はいずれも佐賀市や鳥栖市に事業所を構えている。

 パソナテックの担当者は子どもを保育所に預けながら働く女性社員や、同社から仕事を請け負い、在宅ワークしている女性の過ごし方を示し、時間を調整して柔軟な働き方ができるIT企業の利点を説明した。「専門知識を深める勉強会やネットの無料講座もある。やる気があれば年齢は関係ない」と話した。

 全社員の43%が女性というファベルカンパニーの担当者は、顧客の検索意図を読み解く業務内容を紹介。「ユーザーが何を求めているか、先回りして考えるのは女性に合っている」と、女性社員の比率が高い理由を語った。

 セミナーには、再就職や転職を考えている女性など約20人が参加した。佐賀市の契約社員の女性(46)は「年齢が気になるけれど、もっとステップアップしたい。インターネット関係は身近で興味を持てた」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加