子供自転車全国大会へ初出場する鳥栖小の選手たち=鳥栖市役所

 自転車運転の知識と技術を競う「交通安全子供自転車県大会」で、鳥栖小が13連覇を狙った同じ鳥栖市内の基里小を抑えて初優勝した。8月3日に東京で開かれる全国大会出場へ向け、ポイントとなる筆記試験対策などに取り組んでいる。

 選手は6年の有馬春樹君と石丸大雅(たいが)君、5年の横尾翼君と宮原孜瑠(しりゅう)君の4人。5月から授業の合間や週末に練習してきた。天本晶子教諭は「昨年、全国大会出場を果たせなかった中学生たちが駆けつけて熱心に練習を手伝ってくれた」と話す。

 20日には橋本康志市長を訪問し、全国大会出場を報告した。橋本市長は「男子ばかりのチームも珍しい。技術、知識を見直して、やってきたことをすべて出し切ってほしい」と激励。有馬君らは「表彰される10位までにはぜひ入りたい」と答えていた。

=鳥栖三神・私たち元気印=

このエントリーをはてなブックマークに追加