30日の「土用の丑(うし)の日」を前に、佐賀県内のうなぎ店はにぎわいを見せている。漁獲減の影響で値段の高騰が続くが、猛暑を乗り切るスタミナ源にしようと、多くの客が店に駆け付けている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加