佐賀県内の公立中学校3年の正答率が、すべての区分で全国平均を下回った本年度の「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」の結果を受け、県教育委員会は31日、県と市町の教育長による意見交換会を開いた。活用力に課題があることが改めて浮き彫りになったことを踏まえ、本年度中に授業改善のリーフレットや家庭学習の手引きなどを作成(改訂)することを確認した。

 4月の全国学力テストでは、小6と中3それぞれ4区分ずつ、計8区分中、小6の「国語A」「算数A」を除き、6区分で全国平均を下回った。家庭学習にあてる時間が全国平均より短く、テレビの視聴時間が長い傾向も示された。

 県教委の担当者は、平均正答率との開きをチェックするのみにとどまらず「各学校で児童生徒のつまずきを発見し、それを乗り越える指導につなげることが大切」と強調、学力テストを真に生かすことを求めた。活用力の育成につなげる方策の一つとして、新聞記事を素材に宿題を作成することを勧めた。

 参加した市町教育長からは「中学校の授業改善が進んでいない」という実情が漏れたほか、「ゲームをしている時間は、調査結果以上に長いというのが実態。学校だけでは学力向上は難しく、家庭を本気にさせる取り組みを」との声も上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加