玉串をささげる江藤新平のひ孫の江藤兵部さん=佐賀市の万部島招魂場

 「佐賀の役」の戦没者を追悼する慰霊祭が12日、佐賀市の万部島招魂場で行われた。江藤新平らの遺族や歴史研究者ら47人が参列し、殉難者212人の冥福を祈った。

 慰霊祭では、江藤新平のひ孫にあたる江藤兵部(ひょうぶ)さん(77)=埼玉県=が祭詞を読み上げ、遺族らが玉串をささげた。巫女(みこ)による鎮魂の神楽の奉納もあった。

 佐賀の役は1874(明治7)年、江藤新平や島義勇らの佐賀士族が明治政府軍と激しい戦いを繰り広げた末、士族軍は鎮圧された。江藤や島ら首謀者とされる13人は4月13日に処刑され、毎年この時期に慰霊祭が開かれている。

 佐賀県護国神社万部島祭典委員会の横尾宗敬委員長(86)は「明治維新150年の節目を機会に、多くの人に知ってもらいたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加