岩島正昭町長(左)から目録を受け取った保護者代表の坂本省一さん=太良町の多良小

 31人の新1年生が入学した太良町の多良小で11日、町から入学祝い金が贈呈された。入学式を前に、「何かの足しにしてもらえれば」と願いを込めた岩島正昭町長から、新入生の保護者代表に目録が手渡された。

 町が力を入れている子育て支援の一環として、昨年度から始まった取り組みの一つ。町は町立の小学校に入学する新1年生がいる家庭に、一律で3万円の入学祝い金を給付している。本年度は、57人分となる171万円を一般会計当初予算に計上して贈られた。

 岩島町長から目録を受け取った保護者代表の坂本省一さん(44)は「子育てをしていく上で、こういった補助は非常にありがたい」と感謝。「これから教材をそろえていくなど、教育資金として有意義に活用していきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加