佐賀県は29日、前厚生労働省北海道厚生局長の野田広氏(58)=写真=を8月1日付で採用し、健康福祉部理事(部長級)に起用する人事を発表した。

 野田氏は東海大医学部を卒業後、1987年に厚生省(現厚生労働省)に入った。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所長、環境省国立水俣病総合研究センター所長などを経て2015年10月に北海道厚生局長に就任し、今年6月に退職した。

 県は医療、介護の連携を図るために昨年度から推進役を探していた。県人事課は「医師の資格を持ち、医療行政にも携わっており適任と考えた」としている。地域医療構想や地域包括ケアなどの重要課題を担当する。

このエントリーをはてなブックマークに追加