第1回味坂スマ―トIC準備会であいさつする橋本康志鳥栖市長=福岡県小郡市役所

 九州自動車道の福岡県小郡市と佐賀県鳥栖市の県境付近に計画されている味坂スマートインターチェンジ(IC、仮称)が国の調査箇所に選ばれたのを受けて、国が地元自治体と一緒に計画を検討する第1回準備会が31日、小郡市役所であった。スマートICの位置や構造、整備費用と負担区分などを検討・調整する。

 これまで協議を進めてきた小郡市、鳥栖市、福岡・佐賀両県に加えて、国交省、西日本高速道路の実務担当者の計10人で準備会を設立した。会長に九州地方整備局福岡国道事務所の野村文彦計画課長を選んだ。福岡・佐賀両県警がオブザーバーとして入った。

 地元2市2県で国へ設置を要望してきたが、今後は国とICを造る西日本高速道路も一緒に事業化を目指す。

 橋本康志市長と加地良光小郡市長が「スマートIC設置は企業誘致や雇用面で効果が大きい」とあいさつ。安部勝也福岡国道事務所長は「国はスマートICを推進している。なるだけコストを下げて、かつ効果を多く生むよう関係者と協議したい」と述べた。会議では小郡市の事務局が計画地の周辺概要や期待される効果について説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加