同じ有明海再生を目指す議論のテーブルについているはずなのに、方向性が全く違う。国営諫早湾干拓事業を巡る開門差し止め訴訟の和解協議で国や漁業者を取材していると、いつもそんな感覚に襲われる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加