ソフトボール男子2回戦・牛津-飛龍 4回表2死、牛津の古賀玄樹が内野安打を放つ=山形県南陽市総合公園

■悔しい守備のミス

 初戦で優勝候補の飛龍(静岡)と対戦したソフトボール男子の牛津は、序盤こらえたものの、中盤に崩れて0-9の五回コールド負け。釘本晋監督は「守備のミスで点をとられ、相手を安心させてしまった」と悔しさをにじませた。

 2年生エースの福地廉は、一回1死二塁の場面を連続三振で切り抜けてまずまずの立ち上がり。しかし、二回は単打と四球による走者2人を捕逸やボークで生還させてしまった。

 四回に飛龍の打線に火が付き、本塁打を含む5本のヒットを浴びて7失点。福地は「要所で甘い球を打たれた」と自分を責めたが、主将の古賀雅彦は「頑張って投げた」と福地をかばった。

 3年生にとっては牛津のユニホームを着るのはこの日が最後。次は県代表ユニホームで挑む国体が目標で、古賀は「チーム一丸で戦う」と気持ちを切り替えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加