佐賀市体育協会会長に就任した石丸義弘さん(72)

■佐賀市体育協会会長に就任

 「地域の発展にスポーツは欠かせない」。新佐賀市合併前の佐賀郡東与賀町長で、佐賀市体育協会の副会長は10年間務めてきた。その経験を生かし、「地域×スポーツ」の裾野を広げていく。

 スポーツ教室や小中学生の相撲・卓球大会で子どもたちにスポーツに親しむ楽しさを伝えている。「地域に根付く企業との連携は大きな力となる」といい、7年後の国体を見据えた競技力向上と機運の高まりを「住民、行政、企業で一体となってつくりあげていきたい」と意欲を見せる。

 リオ五輪に出場するテコンドー濱田真由選手(佐賀市)を例に、「同郷の選手が世界で活躍する姿は地域を活気づける。第2の濱田選手を」と夢は大きい。

 スポーツ観戦の幅は広い。市のスポーツ発展に尽くそうと、今後は「ここ1、2年できていないけど…」というゴルフで健康づくりにも励む。佐賀市東与賀町。

このエントリーをはてなブックマークに追加