佐賀市タクシー協会の会員からうちわを受け取る通行者=佐賀市の佐賀玉屋前

 佐賀市内で営業する16のタクシー会社がつくる佐賀市タクシー協会は5日、同市の佐賀玉屋付近でうちわ500本を配布した。会員らは8月5日の「タクシーの日」と来年の明治維新150年をPRした。

 うちわを配ったみどりタクシーの北村栄一郎さんは「タクシー業界として、佐賀の観光PRに力を入れたいという気持ちが伝われば」と話した。うちわは3千本作っていて、残り2500本は佐賀市観光振興課を通じて配る。

このエントリーをはてなブックマークに追加