鳥栖-福岡 前半、ヘディングで競り合う鳥栖DF福田=福岡市のレベルファイブスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2ステージ第5節でアビスパ福岡との九州ダービーを3-2で競り勝ち、第2ステージ開幕から5戦負けなしとなった。この一戦をMF高橋義希選手に振り返ってもらった。(小部亮介)

 終始、鳥栖がペースを握り、やりたいことはできていた。先制点は許したけれど、チームとして慌てずに試合を展開できたことが逆転につながった。1点を追いかける中でも、逆転できる雰囲気もチームの中にはあった。ただ、3-1になってから最後の失点は反省しないといけない。

 攻撃陣の好調は、やろうとしていることが浸透してきたことが要因。攻撃のやり方や連動する部分、ボールへの入り方、最後に決めるところは個の能力だが、そこも向上してきているのではないかと思う。

 次に戦う鹿島は日本を代表するクラブで間違いなく手ごわい相手。ただ、いまの自分たちはやろうとしていることができてきていて、チームの調子も上向きだ。第1ステージは、自分たちがやろうとしていることができていたのに点が取れずに敗れた。リベンジしたい。相手が強いチームだからといって引いてしまってはだめ。ホームなのでどんどん仕掛けていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加