プリティーの部決勝・ありたジュニア卓球クA-ひまわり 第2シングルス、巧みなバックハンドで攻めるありたジュニアの石橋愛理=佐賀市の県総合体育館

■強気の攻めで雪辱

 プリティーの部は前回準優勝だったありたジュニアクAが初の栄冠に輝いた。池田徳幸監督はメンバー一人一人と握手し「みんな去年と変わらないと思っていたが、レベルが上がっていた」と喜びを分かち合った。

 県内トップクラスの中学生3人と小学生1人で構成。同じ顔ぶれで2年前にチャーミングの部を制し、昨年は初めて挑んだプリティーの部で優勝に一歩及ばず、今大会の雪辱にかけた。

 決勝は1-1となった後、勝負を託された第2シングルスのエース石橋愛理が強気の攻めでストレート勝ちした。今回チームを卒業する東島芽郁主将は「このメンバーで最後に優勝できてうれしい。来年はもっと強くなって、エレガンスも優勝を狙って」と後輩たちに期待を寄せた。

 【予選リーグ】1グループ (1)ありたジュニア卓球クA3勝(2)嬉野高2勝1敗(3)三養基高1勝2敗(4)白猫卓球瓶3敗▽2グループ (1)永卓会MA2勝(2)佐賀農高1勝1敗(3)高志館高・佐賀女子高2敗▽3グループ (1)さつきクA2勝(2)牛津高1勝1敗(3)基山卓友会2敗▽4グループ (1)吉野ケ里T.C2勝(2)唐津東高1勝1敗(3)有田ク2敗▽5グループ (1)鹿島ク2勝(2)川副中1勝1敗(3)楠クA2敗▽6グループ (1)ひまわり3勝(2)momotaro2勝1敗(3)永卓会JB1勝2敗(4)佐賀北高B3敗

 【決勝トーナメント】準々決勝 永卓会MA2-0さつきクA、鹿島ク2-1吉野ケ里T.C▽準決勝 ありたジュニア卓球クA2-1永卓会MA、ひまわり2-0鹿島ク

 ▽決勝

ありたジュニア 2-1 ひまわり

卓球クA

○杉 原 3 11-70 松 尾

       11-3

       11-9

 東 島 1 11-7 3 山 口○

 出 雲   9-11   岩 谷

       4-11

       6-11

○石 橋 3 11-8 0 大 藪

       11-7

       13-11

このエントリーをはてなブックマークに追加