エレガンスの部決勝・佐賀商高A-カーショップ出雲商会 第2シングルスで、フルセットの接戦を制した佐賀商高Aの山口萌=佐賀市の県総合体育館

 第27回佐賀新聞社杯佐賀県レディース卓球大会(佐賀新聞社・佐賀県卓球協会主催、佐賀玉屋協賛、日本卓球協力)は11日、佐賀市の県総合体育館であり、エレガンス、プリティー、チャーミングの3部門に79チーム、約380人が出場した。

 トップクラスのエレガンスの部は佐賀商高A(佐賀市)が初優勝。プリティーの部はありたジュニア卓球クラブA(有田町)、チャーミングの部は鏡ジュニア卓球クラブ(唐津市)が、それぞれ初の頂点に立った。

 開会式では県卓球協会の川浪佐賀男会長、佐賀新聞社の峰松洋史事業部長、佐賀玉屋の小笠原浩幸営業企画部長、日本卓球の今村実福岡出張所長が激励。プリティーの部に出場した「ひまわり」の松尾佳奈実選手が宣誓した。

 大会には101チーム約520人が出場予定だったが、雪による交通への影響で22チーム約140人が欠場した。

■「意地見せた」全国選抜に弾み

 エレガンスの部決勝は佐賀商高Aがカーショップ出雲商会を2-0で下した。福島美佐子監督は「なんとか高校生の意地を見せることができた。力が付いてきたのが分かった」と手応えをつかんだ様子だった。

 ダブルスの武富二千花・坂本明日華が先勝。同時に行ったシングルスは、山口萌と岡本望がともに中学生を相手にフルセットにもつれたが、山口萌が1-2とリードされた後の第4セットから緩急をつけて相手のリズムを崩し逆転勝ち、勝負を決めた。山口で決着したためスコア上は残らないが、岡本も長いカットで相手のミスを誘うなど終盤は優位に進めた。

 12月の九州高校新人大会で女子団体3位となり、3月の全国選抜大会に出場する。「佐賀の代表、九州の代表として、日々練習し勢いをつけたい」と山口主将。上げ潮に乗っての大会初優勝で自信を深めていた。

 【予選リーグ】1グループ (1)佐賀商高A5勝(2)カーショップ出雲商会4勝1敗(3)清和高A3勝2敗(4)オレンジクA2勝3敗(5)永卓会LS1勝4敗(6)KMST1B5敗▽2グループ (1)佐賀商高B3勝1敗(2)KMST1A3勝1敗(3)永卓会SS3勝1敗(4)佐賀北高A1勝3敗(5)清和高B4敗=1~3位はセット数による

 【決勝トーナメント】準決勝 佐賀商高A2-1KMST1A、カーショップ出雲商会2-0佐賀商高B

 ▽決勝

佐賀商高A 2-0 カーショップ出雲商会

          

○武 富 3 11-50 高 野

 坂 本   11-8  轟 木

       11-5

○山 口 3 11-7 2 江 頭

        4-11

       10-12

       11-8

       11-3

このエントリーをはてなブックマークに追加