1回戦・ラフトンカイエル喜(佐賀工)-久保翔平(岡山・関西) 果敢に攻め込むラフトンカイエル喜(右)=広島県の中区スポーツセンター

■持続的攻撃で体力奪うラフトン

 ボクシングのフライ級で、ラフトンカイエル喜(佐賀工)が久保翔平(岡山・関西)に2-1で判定勝ちし、初のインターハイで1回戦を突破した。

 リーチが長い久保に対し、1ラウンド目は「緊張もあって体が動かなかった」とスムーズな攻撃ができなかった。だが2ラウンド目以降は持続的な攻撃で相手の体力を奪うと、隙を見て相手の懐に潜り込んでボディーを攻め勝利をものにした。

 ラフトンは中学からボクシングを始め、高校では部活がないため、佐賀県ボクシングクラブ(県総合運動場)で練習を重ねてきた。今回の総体は高校3年間の集大成になる。

 それだけに「初戦みたいな中途半端な試合はしたくない」とラフトン。2回戦の相手は昨年の総体でライトフライ級で優勝した強敵だが、「相手の胸を借りるつもりでリラックスして臨みたい」と燃えていた。

■成績

 (広島市中区SC)

 ▽男子ピン級1回戦

豊嶋海優(神奈川・横浜総合)/判 定/香月玲音(佐賀・高志館)

 ▽同フライ級1回戦

ラフトン・カイエル喜(佐賀・佐賀工)/判 定/久保翔平(岡山・関西)

 ▽同ライトウエルター級1回戦

成富丈一郎(佐賀・杵島商)/TKO

1回1分5秒/八田羽弥也(福岡・糸島農)

 ▽同ウエルター級1回戦

筒井智也(佐賀・高志館)/判 定/赤壁良太(兵庫・飾磨工)

=選手ひとこと=

■筒井智也(ウェルター級・高志館)

 「試合前のアップが早すぎて疲れた。ボディーがうまく決まったので、次はストレートも狙い、ベスト8を目指したい」

■成富丈一郎(ライトウェルター級・杵島商)

 「相手の動きが見えてしっかり打てた。次の相手は体が大きいがTKOを狙っていきたい。目標は優勝」

このエントリーをはてなブックマークに追加