政府が決定した明治維新150年のロゴ

■政府、記念事業へ活用

 政府は31日、2018年の明治維新150年を国民に広く周知するためのロゴを正式決定し、首相官邸で表彰式を開いた。公募に寄せられた398件から選ばれたのは札幌市の会社員庄子奈美さん(38)の作品。赤と白を基調とし、円の中に「明治150年」の文字をデザインした。各地で開く記念事業の認知度を高めるため活用していく。

 表彰式で野上浩太郎官房副長官は「明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」と記念事業の意義を強調。選考会座長のクリエーティブディレクター佐藤可士和氏は「分かりやすいデザインで、明治以降の歩みや次世代への飛躍をイメージできる」と作品を評価した。他に4点が優秀作品に選ばれた。

 庄子さんは表彰式後、記者団に「シンプルさを大事にした。いろいろな場所で使ってもらいたい」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加