■唐津南

 鶴田 亮(つるだ・りょう)バスケットボール部キャプテン。3年時の県高校総体はベスト16まで勝ち進んだ。春からは宮島醤油で「唐津とコラボした商品で地元を盛り上げたい」。玄海町。(食品流通科)

 通山 かなえ(とおりやま・かなえ)花の甲子園に2度出場し、3年時は全国大会も経験した。中村学園大短期大学部へ進学。「子どもへ愛情をたくさん注ぐ保育士になりたい」。唐津市神田。(生活教養科)

 喜多 絵理(きた・えり)九つの資格を取得し、苦手な数学は分かるまで質問するなど努力家。助産師を目指し福岡国際医療福祉学院看護学科へ。「信頼される助産師になる」。唐津市千々賀。(生活教養科)

 尾崎 敢大(おざき・かんた)成績優秀者として5回表彰を受けた。野球部では副主将、生徒会にも所属し文武両道を貫いた。九州旅客鉄道へ就職。卒業は「少しさみしい」。唐津市浜玉町。(生産技術科)

 江川 元基(えがわ・もとき)農業クラブ会長で文化祭運営に励んだ。東京農業大国際食料情報学部に進み「いろんな人と関わりたい」。農家を支援する普及指導員を目指す。唐津市浜玉町。(生産技術科)

 原野 修輔(はらの・しゅうすけ)生徒会長。楽しい学校づくりに励んだ。辻調理師専門学校調理師本科に進み、夢へ一歩踏み出す。「東京五輪に調理師として関わりたい」。唐津市鎮西町。(食品流通科)

 吉田 友香(よしだ・ゆうか)成績優秀。県代表として農業鑑定競技全国大会に出場した。就職する日産自動車では、「自分の力を試したい」と海外工場での勤務を目指す。唐津市肥前町。(食品流通科)

■厳木 

 金元 翔太(かなもと・しょうた)修学旅行でのスキー体験が思い出。サッカー部で鍛えた体力を生かし「すぐ滑れるようになり、はまってしまった」。ワイビーエムに就職する。唐津市和多田。

 野崎 芹(のざき・せり)毎日、船と電車を乗り継ぎ登校。学力はトップクラス、茶道部と書道部に所属し高校生活を満喫した。春からヤマザキ製パンに勤務。「旅行をいっぱいしたい」。唐津市高島。

 秀島 洸輝(ひでしま・こうき)生徒会長を務め、学校行事の運営に深く関わり、リードした。就職は名村造船所へ。「社会人になっても、小さい頃からのサッカーは続けたい」。唐津市厳木町。

 田久保 亜佳(たくぼ・あいか)生徒会では1年生のときから活躍。「大型二輪の免許を取り、父とツーリングを楽しむ」といい、リョーユーパン唐津工場で社会人の一歩を踏み出す。唐津市厳木町。

 古賀 太一(こが・たいち)強豪のアーチェリー部に入り、厳しい練習に耐えて「精神的に成長できた」と胸を張る。システムエンジニアを夢に、KCS福岡情報専門学校へ進学する。唐津市和多田。

 北川 綾香(きたがわ・あやか)学業優秀で、在学中、書写検定など複数の資格を取得した。パティシエを目指し福岡市の専門学校へ。「みんなが笑顔になるスイーツをつくりたい」。唐津市山本。

 増本 佑理(ますもと・ゆうり)美術部長を務め、県高文祭で上位入賞。九州大会では他県の生徒と共同創作を体験し「いろいろなアイデアが刺激になった」。唐津看護専門学校へ進む。唐津市神田。

■唐津海上技術

 石本 拓海(いしもと・たくみ)水泳訓練では3年間1度もリタイアせずに泳ぎ切った。「海を見ながら仕事がしたい」と、イイノガストランスポートで甲板員になり、将来は船長を目指す。玄海町。

 高崎 滉大(たかさき・こうた)離島出身で、船に親しみ育った。自分たちだけの力で練習船を運航したことが思い出。鹿児島船舶に入り、「誰からも信頼される船長になりたい」。唐津市神集島。

 山川 優太(やまかわ・ゆうた)船員だった祖父に憧れて入学した。3級海技士の筆記試験に合格、苦手な水泳訓練にも向き合い「体力、精神面が鍛えられた」。鶴見サンマリンタンカーへ。唐津市神田。

今春、高校を卒業する生徒を紹介します(敬称略)。次回は伊万里農林、佐賀農の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加