昨年4月に施行された「障がい者差別解消法」について考えるイベントが16日午後1時半から、佐賀市文化会館で開かれる。一般事業者にも努力義務が定められている「合理的配慮」を広く周知しようと開く。参加無料。

 障害がある人に対し、行政や事業者が適切な対応を行う「合理的配慮」の考え方を共有し、理解を深める。前厚生労働省の担当者をコーディネーターに招き、障害者や就労支援者、一般事業主らが登壇して支援のあり方や今後の展望をディスカッションする。また、社会福祉士などの専門家を各班ごとに交えてグループワークも行い、対策を話し合う。

 法テラス佐賀と県弁護士会が共催。法テラス佐賀の松尾弘志所長は「学生や主婦、事業者などさまざまな人に参加してもらい、理解を進めるきっかけにしてほしい」と呼び掛ける。問い合わせは法テラス佐賀、電話050(3383)5510(平日午前9時~午後5時)。

このエントリーをはてなブックマークに追加