ソフトテニス女子決勝リーグ・多良―大野原 勝利を収め、3-0にして喜ぶ多良の得平和香(左)・竹下莉子組=佐賀市の県庭球場

■「諦めない」接戦制す

 最後のポイントが決まると、声を枯らして応援した部員全員と昨年の優勝メンバーらが飛び跳ねて喜んだ。3チームが2勝1敗で並んだソフトテニス女子の決勝リーグは、多良が得失ゲームの差で制して3連覇。川島絢子主将は「諦めずに勝つことができた。いつもより何倍もうれしい」と笑顔がはじけた。

 決勝リーグ初戦は塩田に1-2で敗戦。しかしそこから「みんなで勝とう」(川島主将)と一丸で鳥栖を下し、大野原との最終戦へ。「3-0」で勝てば優勝も見えてくる中で矢壁和沙・川島組と得平好花・早津咲良組が先勝すると、命運を託された得平和香・竹下莉子の2年生ペアも最終ゲームまでもつれる接戦を制した。

 最後まで諦めない気持ちで歓喜を呼び込んだ多良。松本千春監督は「全国へという目標がぶれなかったことが優勝につながった」と選手たちをたたえた。川島主将は全国切符を獲得できる九州大会3位以内に向けて「1点、1点を大事にプレーし、ポイントを積み重ねて勝利をつかむ」と意欲を新たにしていた。

 【男子】団体1回戦 浜玉3-0青嶺、江北3-0牛津、伊万里2-1西唐津、鍋島2-1田代、城西3-0相知、高峰2-1武雄、基山2-1塩田、西有田2-1佐大附属▽同2回戦 浜玉2-1三日月、江北3-0東脊振、鹿島東部2-1伊万里、鍋島2-1成章、城西2-1鹿島西部、千代田2-1高峰、基山2-1小城、諸富2-1西有田▽同3回戦 江北2-0浜玉、鍋島2-0鹿島東部、城西2-1千代田、諸富2-0基山

 ▽同決勝リーグ (1)城西2勝1敗(2)江北2勝1敗(3)諸富1勝2敗(4)鍋島1勝2敗=順位は直接対決による

 (城西は2年ぶり3度目の優勝)

 【女子】団体1回戦 成章2-1中原、牛津2-1啓成、唐津東3-0山内、鳥栖西2-1相知、諸富3-0鹿島東部、浜玉2-1芦刈、鳥栖2-1江北、武雄2-1西有田▽同2回戦 塩田2-1成章、大和2-1牛津、唐津東2-1鹿島西部、多良2-1鳥栖西、大野原2-1諸富、浜玉2-1神埼、鳥栖2-1昭栄、三日月3-0武雄▽同3回戦 塩田2-0大和、多良2-1唐津東、大野原2-0浜玉、鳥栖2-1三日月

 ▽同決勝リーグ (1)多良2勝1敗(2)塩田2勝1敗(3)大野原2勝1敗(4)鳥栖3敗=順位は得失ゲーム差による

 (多良は3年連続6度目の優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加