保護者らを前に決意を語る生徒=佐賀市の城北中学校

 佐賀市高木瀬西の城北中学校で8日、2年生の生徒209人が志を立て、決意を表明する立志式があった。生徒は保護者ら約150人を前に、決意を表す漢字を示し、夢や目標を語った。

 生徒らは壇上に上がり、1字から4字の漢字を書いた半紙を手に決意を語った。「貫徹」「追求」など将来に向けて力強い思いを語る生徒たちの姿を、保護者らがビデオカメラやスマートフォンで映像や写真に収めていた。シンガー・ソングライターの山口光貴さん(太良町出身)らによるライブもあった。

 「挑戦」の字を掲げた樅木涼花(もみきりょうか)さんは「人前に立つことが苦手だったが、今後は頑張ってみたい。みんなの前で決意を話して、改めて頑張ろうと思った」と話していた。「謝」の字で周囲の人への感謝を語った大島清さんの母・敦子さん(52)は「親だけの力ではここまで成長しなかった。先生や部活のコーチなど多くの方のおかげ」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加