「萌さん、雅(みやび)さん、じゃあ、またあしたね。」 ひとみ先生はそういうと、わたしたちにくるりと背中を向けて、図書館の中へ入ってしまった。なんだか、あたふたとあわてている感じがあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加