【きょうの催し】

 銀塩カメラによるモノクロ写真展(18日まで、佐賀市城内の県立美術館)◆牟田千夏展-life is art-(18日まで、佐賀市松原のギャラリーシルクロ)◆京都「圓」-伝統をまとう-小千谷縮と久留米絣(かすり)作品展(18日まで、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)

【巡回車】

 14日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)、基山町保健センター(予約制)▽8時半=小城市・小城保健福祉センター桜楽館、伊万里市・東山代公民館(大腸がん検診のみ実施)、有田町・福祉保健センター(予約制)

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時半=小城市・小城保健福祉センター桜楽館(乳がん検診のみ要予約、子宮がん検診は10時開始)、有田町・福祉保健センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【告知板】

 ◆多久がんサロン「ハート」

 (18日13時半~15時半、多久市中央公民館研修室)

 がんを経験し、悩みやつらさを抱えている患者と家族が、共通の悩みを打ち明けながら交流を深める。相談員やピアサポーターが相談に応じる。予約不要、無料。

 ◆高齢者・障がい者有料相談

 毎週木曜10時~正午、佐賀市中の小路の県弁護士会内で。予約制で、相談料は30分で5000円。問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411(平日9時~正午、13~17時)。

 ◆自殺予防・佐賀いのちの電話

 死にたい、死ぬほどつらい、生きる意味がないなどの自殺予防相談を受け付ける。電話のみ。▽年中無休24時間=電話0952(34)4343「佐賀いのちの電話」▽毎日1~7時=フリーダイヤル(0120)400337「自殺予防夜間電話相談・佐賀いのちの電話」▽毎月10日8時~11日8時=フリーダイヤル(0120)783556「自殺予防・いのちの電話(全国一斉)」。

【イベント】

 ◆伊能大図パネル展

 (17、18日、鹿島市高津原の鹿島市民体育館)伊能忠敬が作成した最大の地図である「大図」を原寸複製した樹脂パネルの上に乗って、歩きながら眺めることができるイベント。パネルの大きさは南北21メートル、東西12メートル。期間中、江戸~明治期の測量器具の展示や、伊能忠敬記念館の学芸員による講演会、測量体験などの催しも。入場無料。電話0954(63)2125。

 ◆ファミリーエンジョイテニス

 (18日13時、佐賀市のグラスコート佐賀テニスクラブ)

 親子参加型の「ファミリーエンジョイの部」(子どものみも可)、小学生の初心者を対象にした「レッドボールの部」に分かれてテニスを楽しむ。ファミリーの部は初めてテニスをする3~6歳と保護者が対象。ミニラケットとスポンジボールを使ってボール遊びする。レッドボールの部は大きくて柔らかいボールを使い、普段よりも小さいコートで試合を楽しむ。参加費はファミリーが1人500円、レッドボールが同1000円。申し込みは10日まで。問い合わせは日本女子テニス連盟県支部、電話0952(98)2241。

 ◆放送大学佐賀学習センターオープンキャンパス

 (7月1日14時、佐賀市のアバンセ)放送大学の説明の後、佐賀大学医学部准教授で臨床心理士の村久保雅孝さんが「『臨床心理学』ことはじめ」と題し講義する。参加無料。定員40人。申し込みは放送大学佐賀学習センター、電話0952(22)3308。

【LIVE】

 ◆GypsyDiningLive@佐賀wood-style cafe

 (17日19時半、佐賀市諸富町のウッドスタイルカフェ)国内外で活躍し2015年に解散したジャズバンド「PE’Z(ペズ)」のトランペッター大山渉やジャズギタリストの手島大輔を中心に結成した「BimBomBam(ビンボンバン)楽団」が、「食事と人と音楽が溶け合う空間」をコンセプトに演奏。クラウドファンディングで資金を集め、食事代のみ(ドリンク付き1500円)のみで楽しめる。50人限定。問い合わせはウッドスタイルカフェ(いわい家具内)、電話0952(47)6638。

 ◆アナタ・ボリビア佐賀公演

 (18日15時、唐津市西城内の唐津市民会館大ホール)ケーナやサンポーニャなど、南米の楽器を用いた民族音楽を演奏する6人組バンド「アナタ・ボリビア」による来日公演。ボリビア音楽界のグラミー賞といわれる「シコンボル」にノミネートされた腕前で、ラテンアメリカの民族音楽を届ける。演奏曲は「コンドルは飛んで行く」など。全席指定5500円。問い合わせはMIN-ON佐賀、電話0952(33)4648。

【展覧会】

 ◆水無月を愉しむ手仕事展

 (20日~25日、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)出田由美さん(長崎県諫早市)は天然石やビーズのアクセサリー、林田スミ子さん(同)はニット・ソーイングの服、小野原綾子さん(小城市)は服や編み物、荻原ちえ子さん(長崎県佐世保市)は創作バッグをそれぞれ展示する。電話0952(24)5556。

 ◆日本文化が残した「伝えたい匠の手仕事」

 (14~19日、佐賀市の佐賀玉屋本館6階催場)東京の江戸印伝、福井の越前和紙など、全国から選ばれた11社がこだわりの作品を並べる。時間は10~18時半(最終日は17時まで)。

 ◆牟田千夏展―life is art―

 (13~18日、佐賀市松原のギャラリーシルクロ)絵画制作を始めて5年の牟田さんによる初個展。個性ある水彩の人物画など。電話050(1438)0501。

 ◆大江良二展

 (18日まで、佐賀市天神の画廊憩ひ)佐賀市三瀬村の画家大江さんが、リトグラフを中心に水彩や油彩などを含めた新作を展示。心温まる色彩と自由な線描の作品。電話0952(23)2353。

 ◆大絵画展

 (14~19日、佐賀市の佐賀玉屋本館6階ギャラリー)生誕120年の東郷青児の洋画をはじめ、横山大観、川合玉堂らの版画作品を展示する。萩焼の名工陶芸特集も同時開催。時間は10~18時(最終日は17時まで)

【みんなの表彰】

 ◇第70回県高等学校スケッチ大会

 (5月27日・神埼市中央公園体育館周辺)

 37校、528人が参加して行われた。(カッコ内の数字は学年)

 県高等学校美術連盟賞 高島由莉(唐津東2)▽県造形教育研究会賞 山口知咲(佐賀北1)▽70回記念賞 古賀千穂(佐賀女子2)

 【特選】諸泉円香(佐賀女子3)中村遥香(唐津東2)青木紫苑音(同3)立石善城(佐賀北2)尋木昭帆(唐津東3)村山萌維(佐賀北2)中越和香奈(有田工3)仁部歩実(佐賀西2)森春陽(同3)小野原諄哉(多久3)鶴田梨成子(唐津東2)井本雅乃(同3)荒原優希(鳥栖商3)平尾優貴(小城3)中村麻鈴(唐津東2)

 【準特選】林美月紀(唐津東1)鐘ヶ江恵里香(佐賀北3)田中温香(佐賀女子2)久野龍之介(佐賀北2)堤拓也(塩田工3)長谷胡桃(佐賀女子1)北島由芽(佐賀北3)瀧本莉帆(鹿島実2)松本もなみ(唐津東1)川口友綺(佐賀清和2)中村明純(佐賀西3)重松優芽(佐賀女子3)佐藤奈々惠(早稲田佐賀2)瀬崎萌々花(有田工3)菅波奈央(佐賀北3)大坪健三(多久3)高津愛加(佐賀北2)嘉村夏光(同3)竹下紗奈(佐賀女子3)横尾勇作(佐賀北1)近藤楓(神埼清明1)児玉愛(有田工2)松尾智捺(佐賀北3)庄野優紀(佐賀清和2)最所麻由(鳥栖3)村上晴香(佐賀清和3)橋本かおり(唐津東3)小林砂羽(佐賀女子1)田口真侑(有田工2)石橋春乃(佐賀北2)

このエントリーをはてなブックマークに追加