有田まちづくり公社が開いたビアガーデン。町民の談笑の輪が広がった=JR有田駅前のキルンアリタ

 有田まちづくり公社が運営するJR有田駅前の複合観光施設「キルンアリタ」で9日夜、ビアガーデンが開かれた。町民らが地ビールを片手に談笑の輪を広げた。

 町の観光イベントなどを手掛ける同公社が、昨年開設した施設をPRするとともに、町民が交流する場をつくろうと初めて開いた。会場では有田焼の大火鉢でわらを燃やして作ったカツオのたたきや地元酒造メーカーが醸造したビールを提供。仕事仲間や友人、夫婦で訪れた町民が語り合う姿が見られた。

 今後、23日にもカツオのたたきを用意するほか、7、8月の金曜日に3回ずつ開催する。

このエントリーをはてなブックマークに追加