出産した赤ちゃんを口にくわえ世話をするジャイアントパンダの雌シンシン。室内に設置した赤外線カメラで撮影した=12日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)は12日、飼育するジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)が赤ちゃんを出産したと発表した。上野動物園でのパンダ誕生は2012年以来5年ぶり。性別は不明で、動物園は「母子共に健康」としている。

 上野動物園によると、10日夕からシンシンがパンダ舎室内を落ち着きなく歩き回ったため、11日から24時間態勢で観察。12日午前11時前に破水し、午前11時52分に赤ちゃんが「ギャーギャー」と産声を上げた。

 シンシンは出産後、赤ちゃんをなめたり、抱きかかえて温めたりして子育てをする様子を見せている。体重は量っていないが、映像などから赤ちゃんの平均に当たる150グラム程度とみられる。

 今後、シンシンと赤ちゃんの状況を見定めながら、半年後をめどに公開を検討する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加