終盤粘る鹿島西部を5-2で振り切った基山。初の栄冠だったが、先発の原田真之介とグラブを合わせて喜びを分かち合った捕手の寺崎拓真主将は「一つの山を越えた」と冷静だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加