サッカー男子決勝・川副-唐津一 後半13分、川副のFW山口泰嗣(右)がヘディングシュートを決め、1-0と先制する=県総合運動場球技場

 サッカー男子決勝は、川副が唐津一を3-0で破って3年ぶり16度目の頂点。猛暑の中、相手を上回る走力で栄冠をつかんだ。

 0-0で折り返した後半13分、途中出場したFW山口泰嗣が頭で先制ゴールを決めると波に乗った。DF西村海哉、FW大塚正翔も立て続けにゴールを奪い3得点。守っては主将のMF立花創志を中心に積極的なプレスを仕掛けて、最後まで無失点を貫いた。

 「応援してくれた親やOB、地域の人たちの期待に応えられてよかった」と山口。最後は「PRIDE OF KAWASOE(川副の誇り)」と書かれた横断幕の前で優勝旗を掲げ、会心の笑みを見せた。

=成績=

 ▽準決勝 川副1-0武雄、唐津一0-0鍋島(PK8-7)

 ▽決勝

川副 3-0 唐津一

(川副は3年ぶり16度目の優勝)

=第53回 県中学総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加