■書類、実技審査で全国へ

 佐賀県食肉事業協同組合(宮地道人理事長)は、国産の牛、豚、鶏肉を使った総菜レシピを募集している。書類と実技審査を実施し、全国大会に出場する県代表1人を決める。応募締め切りは15日。

 全国食肉事業協同組合連合会、道府県食肉事業協同組合・連合会が「ミートデリカコンテスト2017」と題して主催する。所定の応募用紙に住所、氏名、年齢、料理の材料費、作り方などを記し、完成した写真かイラストを添えて県食肉事業協同組合に申し込む。

 書類審査で10点を選び、佐賀市で10月28日に開く県大会で調理の実技審査を行う。全国大会は12月2日に東京都で開かれ、優秀メニューは商品化される。

 同組合は「簡単に調理できて値頃感があり、アイデアあふれる創作料理を送ってほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同組合、電話0952(76)4353。

このエントリーをはてなブックマークに追加